日本の「チーム医療」

医師の働き方を見直すにあたり、着手前に事前の改革対象の精査が必要であることは明確でしょう。

では、日本の医師は実際どういった経緯で、どのような働き方をしているのでしょうか。ここでは、「主治医制」と「チーム医療」という観点から客観的に見てみましょう。

日本の医療現場においては、長年、「主治医制」という体制がとられてきました。これは、治療から退院までの全ての診療に対し、主治医が責任をもつことで、行き違いの発生する余地がなく、一貫した水準の医療を提供できるというメリットがある体制と言えるでしょう。

本来、開業医、医療過疎地など「そもそもでその医療機関に医師が他にいない状況」ではこれ以外に選択肢はないので行わざるを得ませんが、医師や医療従事者の人数が確実に確保できる現代の医療環境では、より近代的な「チームでの医療体制=チーム医療」の方が効率的に多くの人へ対応できるため、この体制への移行が進んだと言われています。

しかし、少なくとも日本では、どうやら元々この「主治医制」が行われてきた背景から、「チーム医療」に移行したにも関わらず、運用意図に反した業務を抱え込んでしまう傾向が見られるようです。医師の受け持つ業務は、多岐にわたる膨大な情報の管理などを含み、中には書類作成や委員会業務など、事務的な作業に追われることも少なくありません。では、その業務は、本当にどうしても「医師が時間を割いてやるべき」ものと言えるのでしょうか?運用していく中で日々発生したこまごまとしたものを各自がため込んでしまったり、良かれと思って気遣いで始めたものが溜まって業務量として他の弊害になっていたりする場合などもあります。

そもそもチーム医療とは、多種多様な職種・部署の人が、互いの能力を補填しあいながら協力して働くことを言います。
患者を診察するという共通の目的に応じて、診療や治療方針の決定は医師が、看護に関することは看護師が、診療報酬の請求などは事務職員が主導して行うなど業務範囲を各自の対応可能範囲に応じて最適化させるべきではないでしょうか。

これを機に今の職場から転職を考えた方は医師の求人や転職なら病院と健診募集が豊富なドクターアシストなどの転職サイトを覗いてみるのがいいかもしれません。本来のチーム医療の最適化という観点から見てみた場合に、主旨から逸脱した各専門家が行うべきでない業務負担がないか、また、より専門性が低く、他の立場の人でも指示があれば作業可能なものが発生していないかといったことを今一度再確認してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。